メンズ

多くの男性の悩みを解決する育毛シャンプーが誕生

この年齢になったら注意

男性

治療で改善も可能

男性型脱毛症「AGA」は、発症しやすい年齢があると言われています。個人差はありますが、30歳に入るとAGAで脱毛が進んでしまう男性が多いようです。AGAは男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が作用し、薄毛が進行していく脱毛症です。男性ホルモンは20代半ばが、分泌のピークと言われています。この頃から「髪が細くなった」・「元気が無いように感じる」という場合、AGAを疑ってみましょう。もし、AGAであっても治療を受ければ、進行をストップ出来ます。神奈川県内にはAGA治療を行うクリニックが、約900件以上もあるようです。特に横浜市に、薄毛治療専門のクリニックが集中しています。横浜市内にあるクリニックは、男性の薄毛治療を専門にしている所が多く、より質の高い治療を受けられるという点が魅力です。横浜市という交通のアクセスが良い場所にあるので、横浜市内はもちろん県外からも薄毛治療を受けにくる患者さんも少なくありません。AGA治療は主に内服薬の処方、そして外科的な治療が一般的となっています。ジヒドロテストステロンの生成を抑える薬を飲み、AGAの進行をストップさせる治療を行います。外科的治療の育毛メソセラピーやハーグ療法は、発毛を促す成分を直接、頭皮に注入する治療です。どちらの治療を受けるかは薄毛の進行具合や、治療にかけられる予算などによって変わってきます。まずはクリニックを受診してみて、自分に合った治療を医師に相談してみる事がおすすめです。